面接で好印象を与えるテクニック ~その⑳~ 面接の練習をしたかどうかは言わなくても伝わる。

応募者の態度で面接官に伝わるのです。

入室するやいなや、礼儀正しく挨拶をして、着席するまでスムーズに対応する。

さまざまな質問にも、にこやかな笑顔で、よどみなく答える。

退室するときも、しっかりお礼を言って、礼儀正しく部屋から出て行く。

こうした動作は、練習をしないで急にできることではありません。何度も練習をした結果、ようやくできる動作です。

こうした様子を見た面接官は「しっかり準備をしたな。何度も練習をしたな」と直感が働き、間接的に分かるのです。

面接の練習をしてきたと分かるだけで、面接官は応募者に好印象を抱きます。

「採用されたい」という気持ちがあり、しっかり手間と時間をかけてきたことが伝わるからです。

つまり、熱意と意欲の表現なのです。

面接の練習は、無駄と思わず、しっかりやってみてください。

面接の練習回数は、採用率に影響します。

2回より3回、3回より4回、4回より5回です。

自然に体が動くまで、何度も練習してください。

何を聞かれてもスムーズに答えられるまで練習したなら、面接もきっとうまくいくはずです。

面接で好印象を与えるテクニック ~その⑳~

「面接の練習は、無駄と思わず満足できるまで繰り返し練習をする。」


人気ブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

株式会社共栄経営センター

Author:株式会社共栄経営センター
The・ジャパneedsガイドは、留学生のための仕事探し応援コミュニティです。
日本で就職したい留学生向けに、就職活動に役立つ情報はもちろん、日本での生活を楽しくする情報をお届け!

留学生求職紹介サイト。まずはご登録ください!
⇒詳細

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる